心の拠り所?神道を知ろう!

最近、仕事が詰まっていてなかなかブログ更新ができず・・・

 

 

 

 

 

朝から夜までデスクワークをしていたのですが、

1週間前・・・

 

 

腰から足に掛けて激痛が走りました。

 

 

あまりにも痛くて、治る気配もなかったので、

病院に行ったところ、腰と股関節に炎症が起きていました↓↓

 

 

 

良い病院を紹介してもらえたので、

わずか30分ほどの施術で痛みがとれましたぁー!!

 

 

すごく感動したので、そのお話しはまた今度しますね!!

 

 

 

 

今回は「神道」の話。

とは言っても、ただいま勉強中!

 

 

 

引き寄せの法則や宇宙の法則など実践して行く中で、

「自分が良い気分なら・・・」ということと、

「他人を思いやること」の境目の考え方が私の中で不明確だったんです。

 

 

 

 

また、

「神話を忘れた民族は100年以内に滅びる」

という言葉を聞いたことがきっかけ!

 

 

 

そこで古事記を読んだり、

Youtuberの天才天界さのシード論を考えてみたり、

私なりに、色んな角度から情報を取り込んだ結果、

「神道」「仏教」「儒教」「禅」を深掘りしてみようと思いました。

 

 

 

勉強が苦手な私にとっては、膨大な量!!!

 

 

 

その中からまずは1つやってみようと思ったのですが、

以前読んだ、老子道徳教の本で気になったワードに

近い考え方が神道だったので、「神道」を選びました!

 

 

 

まだ勉強し始めなのですが、どんなことを感じたか残したくて(´・ω・`)

 

 

 

 

神道の本を少し読み進めると、

神道のイメージって世代によって違うんですね!

 

 

 

ある世代にとっては悪いイメージもあるみたいですが、

私の世代は「神道」には良も悪もなく。

 

 

 

知らないからゼロ。

 

 

 

 

そして愛国心や古き良き日本との触れ方や

外国人が知っている日本の魅力もあんまり分からないかも・・・。

 

 

 

というより、残念なことに、

「日本だって完璧どころかひどい状態」

ということのほうが良く分かっているかも。

 

 

 

 

話は変わって、私は

「人間とは何か」
「自分は何者なのか」

という疑問を最近強く持ち始めました。

 

 

 

そのヒントを得るためにも、

「神道」を知ろうと思ったのですが、

こちらの宮田宮司の言葉を聞いて、

「ハッ」としました!

 

 

「私たちには日本人としての考え方が遺伝子のなかに組み込まれており、

その遺伝子に組み込まれている情報と違うことをすると、

日本人にとってはストレスのかかること。

 

昔の日本の伝統を知らない世代は、

自分は日本人の遺伝子を受け継いでいるはずなのに、

周りは違うことをやっているのでそれに対して、

適応障害を起こしている」

 

 

宮司さんが話されていることを、まとめてみました!

 

 

何だかこれには納得。

 

 

天才天界さん的に言えば、

私たちには「日本人としてのシード」が組み込まれている。

(シードとは理念・哲学)

 

↑天才天界さんのシードのお話しを紙芝居にまとめられた動画です!

 

 

 

なので、やっぱり日本人らしい考え方が少なからず入っているはず。

 

 

 

でも「日本人の古き良き伝統」を大切にしたくても、

軸もなければ、何をどうしたらいいかわからない。

 

 

ようは歴史が好きな人だけ。

日本の伝統的なものに関わることがあった人だけ。

は、知ることができるけど・・・

 

 

京都育ちの私ですが、恥ずかしながら、

葵祭や祇園祭、時代祭りの本当の意味を

体感として得ていない。

 

 

 

 

お墓参りや先祖さまに対する考えもそうですが、

手を合わせることは分かっても、

その重要性を体感で得ていない。

 

 

 

神社もお寺もそう。

 

 

 

頭だけで理解しようとしてるんです。

 

 

 

それどころか、

「ビジネス」的な視線で見る人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

 

私は愛犬ぷぅちゃんが亡くなったときに、

ペット専門の葬儀場で火葬してもらい、

御骨を持って帰り、毎日お供えをしています。

 

 

これは見る人から見れば

「ペット葬儀ビジネス」。

 

 

でも私はペット葬儀場があって良かったです。

 

 

 

昔は庭に埋めて、土に返すと思っていましたが、

今回はそんな風に思えなくて、そこにぷぅちゃんはいなくても

御骨という存在は残された人の心の拠り所になるなぁと感じました。

 

 

 

伝統とビジネスが入り交じり、

不況や物質的豊かさに価値が置かれる時代を

ずっと生きているとおかしくなります。

 

 

少し神道を知り、思ったのは、

「無視無償の精神」というものを知るだけでは変われないということ。

 

 

 

というのも、

「今」、「将来」の安心を得るために

ボロボロになるまで働こうとします。

 

 

 

「不安」の奴隷です。

 

 

まずは恐怖や不安、見返りを求めて

自分をボロボロにして他人を優先する

という麻痺した感覚を戻す必要があるんじゃないかなぁ

と思います。

 

 

 

今は神道の本を読んでいますが、

難しいけど、何だか落ち着く感じがします(´∀`艸)

 

 

 

というのが「神道」に対する私の第一印象でした~!!

 

 

 

 

常に中間の立ち位置で物事をみるって大切ですね!!

 

 

 

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です