文字とは、言葉とは美しいもの

(※今日のブログには途中から旧漢字が入ります!)

 

ただいま「文豪ストレイドッグス」を見てます^^

 

登場キャラクターの名前は昔の作家。

太宰治
中島敦
泉鏡花
芥川龍之介
国木戸独歩
与謝野晶子
宮沢賢治
江戸川乱歩etc…

アニメを通して、作家が書いた作品のセリフや作品名
共通点や関係性(少しいじってあるけど)を知ることができます。

 

 

私は読書が好きになったのも20歳を超えてから。

 

このアニメを見ていた改めて感じたのは・・・

 

日本語は美しい。

 

 

バンプの曲を聴いていると、いつもそう感じるのですが、
今回、文豪ストレイドッグスを見ても感じました!

 

 

この前、法事でお経を上げたのですが、全て旧漢字。

 

神→神
体→軆

 

こんな感じで、すべて旧漢字で書かれていました。

 

 

今の漢字と形は似ていても、

・線が1本足りない
・くっ付いている線が切り離されている
・複雑な事態がとても簡素化されている

 

 

戦前、今の漢字の形とは違い、旧漢字でした。

 

それがGHQによって漢字を始め、平仮名・

カタカナも廃止し、ローマ字で統一しようと

した歴史があります。

 

 

しかし失敗に終わり、漢字は守られました。

 

が!漢字のいろいろな部分を少し変えて

文字の力を(氣)を封じたと言われています。

 

 

 

ネットで調べてもらうとたくさんの情報が

出てきますが、旧漢字のほうがしっくりする!

 

 

違和感のある漢字を少しだけご紹介しますね♪

 

 

「私」は「咊多志」だったそうです!

「僕」は「しもべ」という呼び方もあります。

「子供」は「子を供える」と書いて、子供。

 

子を供えるってどういうこと??

こどもを漢字で書くことはなかったそうです。

 

 

言靈というほど、言葉や文字には力がある。

 

 

 

漢字は変(變)えられてしまったけど、

読(讀)み方は変わらない。

 

だから、耳で聞くものは美しいと

素直に受け入れられるのかも・・・

 

 

 

旧(舊)漢字で書かれた經典を見ていると、

どっしりとした感じを受けます。

 

 

 

 

神様に捧げるものだから?

 

 

 

やっぱり先人から学(學)ぶことが多そうですね!!

と感じた今日でした♪

 

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

引き寄せの法則を実践しても
うまく行かなかったあなたへ

悩みを解決して本当のなたが目覚める・・・

心の声と交換日記

メルマガ登録はこちら↓↓

http://joshykawaii.com/lp/mailmagazin02/

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です