体験してみないと分からない相手の痛み

もう9月半分過ぎましたね~

外でぼ~っとしているのも氣持ち良い季節ですね~

 

 

日本の特徴は問題が起きている最中、

「もういいって!」って思う位取り上げるし

深掘りするのに、次のネタが見つかれば放置。

 

 

 

「人の噂も七十五日」

 

 

他人の中では終わったことでも本人にとっては終わらない。

不祥事を起こしても、失敗しても、そこで人生は終わらない。

 

 

そこからいつもの毎日に戻っていくし、

淡々と1日、1日過ごしていきます。

 

 

ドラマとか映画は人生の一部分だけを切り取っているだけ。

 

 

私も大きな失敗をしてから、動き出せるまで2年ほどかかりました。

その間、色んなことを考えるし、このブログを始めたのも休養の最中。

 

 

自分にとって大きな失敗ほど、周りを氣にして動かない方が良い。

とにかく自分と向き合う繰り返し。

 

 

 

そうしてやっと自分の中でGoサインが出ます!

 

周りからの励ましの言葉は支えになります!

でも、自分で自分にかける声ほど、大切なものはありません。

 

 

自分に嘘をついてしまったこと

自分を大切にできなかったこと

自分の信念、良識を守れなかったこと

 

 

失敗とか不祥事では周りに迷惑を掛けてしまっているから

申し訳ないという気持ちを伝えるのは自然とできることですが、

自分自身に対して「ごめんね」と声を掛けてあげることは忘れがち。

 

 

 

自分が感じた痛みや苦しみ、罪悪感を受け入れると

人の痛みが想像できる。

 

 

人の失敗も許せるし、人の再スタートを応援できる。

 

 

 

失敗したって人生は続く残酷さと

やり直すチャンスをもらえる喜び。

 

 

それだって1人の人生の中で起きていること。

 

 

 

自分と向き合って、自分に謝って、自分を許してあげる。

誰も自分の代わりに自分を生きてくれないからね!

 

 

 

失敗しないと分からないことがいっぱいあるから、

そのときの精一杯やった結果失敗なら、まだ希望はある☆彡

 

 

だから人の失敗をどうのこうの言ってる暇はない!!!

 

 

 

と思った今日でした♪

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です