自分の感情に自信が持てない

自分の感情の感じ方に自信が持てないということはありませんか??

 

本当にこれでよかったのか心配だったり、

人に決めてもらおうとしたり・・・

 

 

でも自分が感じていることをそのまま味わうことができれば、

行動の選択に決断力がもてます!

 

 

 

 

そんなことを感じた私の実体験をシェアします♪

 

 

 

 

ここ1週間は緊張感が途切れませんでした。。

 

 

 

愛犬のぷぅちゃんは癌を患っていたのですが、

それが転移し、1週間前に炎症を起こしました。

 

 

 

その時私は実家であと3日で戻る予定でしたが、

旦那さんから話を聞くと不安が増し、

もしものときのために当日戻ることも検討。

 

 

 

結果、私が戻る日までぷぅちゃんも旦那さんも頑張ってくれたおかげで

私は無事、ぷぅちゃんと再会することができました。

 

 

 

やっと安心したももの、獣医さんから見たぷぅちゃんの余命は週単位。

 

 

 

 

1か月後には私たちの結婚式。

 

 

 

結婚式は私の地元で行うため、愛犬たちを預ける予定をしてましたが、

 

このまま結婚式を進めると最悪の場合、ぷぅちゃんが1番苦しいとき、

 

私たちは傍にいれないこととなります。

 

 

 

 

旦那さんと私の気持ちは決まっていました。

 

 

「結婚式を延期する」

 

 

 

身内だけの式だったので、まだ延期しやすい。

 

 

とは言っても、色んなことが頭を巡ります。。。

 

 

 

 

本当に色んなことですが、すべては「恐怖」。

そして罪悪感。

 

 

 

 

ぷぅちゃんの命に代えられない!

でも迷惑をかけることも申し訳ない。

命の問題なのに、周りの目を気にしてる自分に対する嫌悪感。

 

 

 

 

色んな思考が入りまじりますが、

どの選択が自分にとって悔いが残らないものなのかは分かっています。

 

 

 

本当の望みに湧いてくる思考。

 

 

 

実際に感じてみると、理解できるのは、

愛犬の命よりも結婚式の方が大事だから恐怖を感じる訳ではない。

 

 

愛犬の命は大事に決まってる!!!

そして別枠で結婚式もやりたかったという思いが存在している。

 

 

 

その中で1つだけを選ぶときに、選択しなかった方がどうでもいい訳ではない。

 

 

 

でも世の中では選択しない方の重要度は低いと思われたり、

蔑ろにしていると捉えられたりすることがあり、

それが周りからの評価を気にしてしまう原因になっていることがある。

 

 

 

 

今回、私は結婚式を延期することに何か否定的な意見があったとしても、

その人がひどい人とは思わないと感じました。

 

 

 

それは人にはその人にしかわからない都合があり、気持ちがある。

 

 

 

その人自身にもフッと湧き上がってくる感情があり、その一瞬だけをみて、

その人の人間性を評価してしまうことは、

自分自身をそういう風に判断してしまうことだから。

 

 

 

 

そして私たちもすごい我がままを言っているからお互い様!

 

 

 

出来事、常識、世間の目に惑わされないで、

自分の感じるものをそのまま感じよう。

 

 

「こんな時にこんなことを感じてはいけない」なんてない!!

 

 

自分が頭の中で感じてることなんて話さなければ誰にもわからないから(´∀`艸)♡

 

 

 

今、自分が感じることから悔いのない選択をすることが

自分の少し先の世界を創っていく。

 

 

 

自分も他人もジャッジしない。

自分の感情も他人の感情もジャッジしない。

自分の生き方も他人の生き方もジャッジしない。

 

 

 

だから何を感じてもいい。

 

 

 

なんでもOK!!

 

 

幸い、家族もお願いしていお店もすべて結婚式の延期を快く受け入れました(*・ω・)ノ

 

 

 

 

そしてぷぅちゃんもなんとか山を越え、奇跡的に回復に向かっています!

腫れも引いてきて、呼吸も落ち着き、痛がることもありません(´・ω・`;A)

 

 

 

ぷぅちゃんが少しでも穏やかな時間を1日でも多く過ごせるように・・・(o´▽`o)

 

 

 

そして私たちも諦めず、悔いが残ることのないよう、

今この瞬間を大切にします!

 

 

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です