他人が羨ましく見えたら・・・

私はずっと前から他人になりたいという気持ちがすごく強かった。

 

 

周りと自分を比較し、

「私がこうだからダメなんだ」

「もっとオシャレいないと」

「流行っている音楽を知っておかないと」

「もっと笑顔で誰にでも優しくいれば友達は増える」

 

 

 

こうやって、どんどん【私】を奥にしまうようにして、

好きの基準は周りが決める。

 

 

 

20代のときは、早く80歳になって、自分の人生を振り返り、

「いい人生だったなぁ~」って言いたいなぁって思ってました。笑

 

 

 

いつも悩んでたし、悩み事がなくなれば不安を感じる。

 

 

 

ファッション1つとっても、私は外側を基準にしていたので

自分が好きなもの、何が似合うかなんてまったく考えていませんでした。

 

 

だから、全然気に入らない!!

 

 

 

こんな感じで常に外側の軸だった私が、自分に意識を向けて生きだしたのが、

「やりたい!」って思うことを行動に移したときから(☆´ω`)

 

 

そのきっかけをまとめたブログがこちら↓

自分を生きるためには反抗期も必要

 

 

 

 

社会の流れ通りに高校→専門学校→社会人と進んでいきましたが、

 

「私が自分の人生を生きるってこういうことか!」と実感したのは、

 

世間の目や考えから外れる行動をとったとき。

 

 

 

 

自分を生きるためには反抗期も必要

 

を読んでもらうと伝わると思いますが、社会の波に乗らず生きること、

行動することが自分を生きることではなく、

 

 

やりたいことを実行するのに、

年齢や環境、世間の目や考えに合わせる必要はないということです。

 

 

 

 

 

そして、宇宙の法則を知ってからはより、自分を大切にするようになりました!

 

 

 

 

最初は物質的なものを引き寄せたい、世界を変えたいと思って始めた引き寄せ。

 

 

 

目に見え、手で触れるものを引き寄せようとしていたはずが、

今、意識するのは物質ではなく見えないもの。

 

 

 

私の内側にある変わらない存在(ハイヤーセルフ、魂)が

この入れ物(肉体)やアイデンティティ、この時代を選び生まれてきたと実感しています。

 

 

 

常に外を見て、自分を見つめることがなかった。

 

 

自分として生きることを放棄していました。

 

 

 

 

今、私にとって引き寄せの法則は宇宙の法則へと変わりました。

 

 

この世の真理を教えてくれるものとなり、

それは自分自身を知り、確立させ、

自分の人生を自分としてい生きていく。

 

 

自分にしか分からない、自分の人生を創っていくものへと変化しました。

 

 

何に喜び、癒され、恐怖、怒りを感じるのか。

感じ方は人それぞれ。

そこにオリジナリティーがある!

 

 

 

だから、自分はどうなのかをじっくり感じて「自分とは」を知っていく。

こうやって生きることが私にとっての幸せ。

 

 

 

宇宙の法則はそれを教えてくれましたヾ(*´∀`*)ノ

 

真理は複雑に見えて実はシンプル。

 

 

 

この世界は残酷だけど美しい。
(↑進撃の巨人からのセリフです。笑)

 

 

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です