トリーツトレーニングとは??

ドッグトレーニングでオヤツを使うと

犬の集中力が人に向くので

トレーニングしやすくなりますよね!

 

 

さらに使い方を工夫するだけで

今まで難しいと思っていたトリック(芸)や

基本的な行動まで簡単にできちゃいます!

 

 

それにオヤツを使うトレーニングって

楽しそうで、犬に害がないトレーニングって

感じがしませんか??

 

 

でもオヤツって本当に上手に使わないと、

逆効果になることもあるんです!

 

 

実は難しいオヤツを使ったトレーニング、

トリーツトレーニングの基本をご紹介!

 

 

トリーツトレーニングとは??

 

日本でよく使っている犬のご褒美のオヤツ!

海外ではこれをトリーツと呼びます!

 

 

トリーツとはご褒美という意味で、

日本のようにご褒美=オヤツ

という感じではありません。

 

 

私もよく飼い主さんに、

「ご褒美が必ずしもオヤツや食べ物になる訳ではない」

と説明します。

 

 

ドッグトレーニングで言う【ご褒美】とは

オヤツやオモチャ、褒める声かけなど

愛犬が喜ぶもののことを言います!

 

 

なので、このトリーツトレーニングは

私が勝手につけましたが、

ご褒美を使い分け行うトレーニングのことです!

 

 

 

トリーツ(ご褒美)=オヤツにしたくない理由

【オヤツ】というと1番飼い主さんにも

イメージしやすい言葉です!

 

それによく使うのはオヤツだし、

犬にとってもオヤツがご褒美になりやすく

オヤツをもらうためにトレーニングに

取り組んでくれます。

 

ただオヤツというと種類が多く、

クッキーやボーロなど普段よく食べている

オヤツを用意されることがあります。

 

でもトレーニングで使う食べ物に

クッキーやボーロなどは不向きなんです。

 

トリーツをオヤツとは別と伝えたいのは

私のこだわりなんですが、

 

何もしなくてももらえてるオヤツと

行動を教えたり、学ぶために使うトリーツとは

全く別物で、目的とその子の特徴や反応を

みながら慎重に使い分け、選んでいきます。

 

 

そして、ご褒美はオヤツだけじゃないからです。

トレーニングを受ける犬が1番喜ぶもの。

 

そしてそのご褒美がほしくて、

考えたり、行動をとってくれるものが

その子にとって1番のご褒美なんです。

 

オヤツを使うことが1番多いですが、

犬によっては褒めるだけで、

レトリーブ(持ってくる)が出来るようになったり、

 

オモチャで遊ぶことをご褒美にするだけで

呼び戻しができるようになります。

 

 

トリーツに不向きなご褒美(オヤツ)

ここではオヤツに特化して説明していきます!

 

「クッキーやボーロがトレーニングには不向き」

この理由、何故だかわかりますか??

 

答えは、

・小さくできない
・お腹がふくれる
・乾燥してるので食べ難い

では1つずつ説明していきますね!

 

小さくできない

ボーロはすでに形が出来ていて、

ご褒美としてあげるとすれば、

1回のご褒美で1粒。

 

クッキーも砕けますが、ボロボロになるし、

そんなに多く切り分けることができません。

 

そして乾燥しているのでボロボロと細かい

粉が床に落ちてしまい、トレーニング中に

犬は床に落ちた粉を必死に探し出します。

 

こうなると犬に集中力もなくなりますし、

何に対してご褒美をもらったのかが

曖昧になり、スムーズに進みません。

 

お腹がふくれやすい

小さくできないということを説明しましたが、

1回に上げる量が多くなり、小型犬だと

すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

 

トレーニングでは量が必要となりますし、

犬も大きいものをもらうより、回数が多いほうが嬉しい!

 

トレーニング中にお腹がいっぱいになってしまうと

覚えてほしい行動が学べないまま

その日のトレーニングが終わってしまいます。

 

そして、肝心のご飯も食べれなくなってしまっては

困るので、小さくできることはとても大切な条件です!

 

 

乾燥していて食べ難い

人も同じですが、乾燥しているものや

粉がでる食べ物は急いで食べると

喉につっかえたり、むせたりしますよね??

 

トレーニングではご褒美を食べる回数が多く、

テンポよくあげていくので、

喉通りのよいソフトな食べ物があってます!

 

 

トレーニングに向いているトリーツ(ご褒美)

トレーニングに使うのに向いている食べ物は、

上記で説明したもの以外です!

 

しっとり、ソフトで

細かくすることもできて

粉もでないものがいいです!

 

そして、香りも強いとなおOK!!

 

あとは犬のテンションを見分け、

どのトリーツをいつ使うかを決めていきます!!

 

 

 

今回はトリーツトレーニングと

トリーツについてのお話しでした!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です