その方法あってますか??犬との距離の縮め方 Part2

前回の記事の続き。

犬と上手に距離を縮めるにはどうしたらよいでしょうか??

人が苦手な犬たちとの距離の縮め方をお伝えします♪

 

魔法のアイテムを使う

犬は経験から、まだ距離を縮めていないのに
突然パーソナルスーペースに入ってこられ、
撫でられるということを予測していたのに
その予測を裏切られると、反対にこちらを
気にしだします。

一度近づいてきたときも構わず放っておくと
何回も近づいてきます。

そのプロセスを何度も繰り返している内に
だんだん距離が近づいていきます。

例えば、初めはクンクンと臭いでくるだけ
だったのに、今度はお鼻をつけてくる。

今度は前脚を私の足の上にのせてくる。

という風に徐々に距離が縮まってきます。

このように、何度も繰り返してもOKですが、
私はトレーニングを進めていく必要があるので
アイテムを使い、「私はあなたにとって良い
存在だよ」と積極的に示していきます。

そのアイテムは犬が大好きなオヤツです!!

オヤツというとクッキーなど想像しますが、
ドッグフード以外のものをまとめてオヤツ
と言っている気がします。

例えばよく会う身内の方やお家で何か
スクールを開催していて決まった生徒さんが
いつも来られるなど、早急に距離を縮める必要
があるときにこのオヤツというアイテムを使用
してみるのはいかがでしょうか??

 

オヤツも正しく使わなければ有効的ではない!?

先程も書いたようにオヤツを含めた食べ物は
魔法の様なアイテムです!!

しかしこの魔法の様なアイテムも正しく
使わなければ、ただの食べ物。
使い方を間違えると、何の効果も発揮しません。

では使っているオヤツが魔法のアイテムに
なるかどうかを見極めるポイントをご紹介♪

  • 人の存在を気しながらも、
    食べることができる
  • 食べ物をもらうために行動をとる

 

・人の存在を気にしながらも食べれる!?

これはどういうことかと言いますと、
人に対して怖い気持ちをもっていたら
その空間で食べ物なんて食べられません。

しかし、恐怖よりも食欲が強ければ、
怖い状況下でも食べ物を食べようと行動
にでます。

例えば知らない人に怖がりながらも近づき、
その人を確認したあと、そーっと去っていく
ときに、ポロっと大好きなオヤツが出てきたら
どうでしょうか??

今まで怖いと思っていた人から大好きな食べ物
が出てきたら、増々気になり出しませんか!?

私は「頑張って近づいてくれたね」という意味で
ソーっとオヤツを床に落とします。

この時にオヤツよりも人の存在のほうが強ければ
犬はオヤツを食べることなく離れていきます。

もしかするとオヤツをもう少し遠くに投げると
食べれるかもしれませんが、恐怖が勝ると
食べずにその場から去ることを優先します。

こんな時は来客時にあげる食べ物を見直して
いただくといいかと思います。

・食べ物をもらうために行動をとる

例えば先程のような場面でオヤツを落とすと
食べるけど、それっきり近づいて来ない場合、
もしかすると「確認も終わったしから、
もういっかー」と満足していうこともありま
すが、「とりあえずオヤツは食べたけど、
これ以上もらいに行かなくてもいいや~」
と選択してることも考えられます。

いつももらっているオヤツだと行動を繰り返
さなくても別のタイミングでもらえるから
今、知らない人からもらわなくてもいい
ですよね??

このような選択しが生まれるよりかは
すっごく喜ぶ特別なオヤツを用意していあげる
と効果絶大です!!

この2つを満たしていれば、今あげている
オヤツや食べ物は魔法のアイテムでしょう♪

 

オヤツをあげるタイミングは??

ではオヤツをあげるタイミングですが、
2回目位がグッドタイミングと思います!

もし1回近づいてきて、それ以降何もなければ
そんなに人に興味はないのでそっとしてあげて
下さい!

しかし再度近づいてきたときは少し人に興味が
あるかもしれないので、オヤツをそっと床に
おとしてあげます。

こうすると、私はあなたに危害を加えようと
思っていないよと伝えることができます。

 

まとめ

いかがでしたか??

「犬は人に対して友好的であるべき」
という意見もあるかと思いますが、
私たち人間にだって「人見知り」という
言葉がありますよね??

人にもあるってことは犬にだって
人見知りはあります!!

ただ無理に人と関わらなくても飼主さん
と楽しく生活できているのであれば
とっても素敵なことだと思います。

そして、人の犬と触れ合うときには
一言、声をかけましょう!!

飼主さんも、愛犬に無理はさせず、
守った上げてくださいね^^

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です