内側に問いかけることの大切さ

この前、ここしばらく抱えていた【悩み】に

 

真正面から向き合う機会がありました!

 

 

 

というのは、ここ1年。

 

 

【犬と築く幸せとは何だろう。】ということが分からなくなってしまったんです・・・

 

 

 

 

殺処分という問題を知り、犬を助けたい!と強く思い、トレーナーの勉強をしました。

 

 

 

トレーニングを身に着ければ、人と犬との関係性を強めることができるし、

 

捨てられる犬が減らせるし、捨てられた犬がお利口さんであれば譲渡数も

 

増すから殺処分数は減らせる1つの方法!と考えていたんです!

 

 

 

でもトレーニングを勉強したら、トレーニングが犬を苦しめることがあると知り、

 

犬を大切に扱えるトレーニングを探しました。

 

 

 

しかし!

 

犬を大切に扱い、楽しくできるトレーニングを学んだのですが、

 

 

・犬にとっての幸せとは何なのか

・トレーニングは犬をコントロールしたいというエゴではないか

 

 

など、こういう悩みにはまっちゃったんです。

 

 

 

トレーニングをお伝えする上で自分の中の【信念】が分からなくなり、

 

これさえ身に着ければすべて解決する!と思っていたのに、更に謎が深まる・・・

 

 

 

あれかな?これかな?って色々考えてみたのですが、

 

エネルギーが低く、ピンってくる感じもなし。

 

 

 

なので思い切って、休憩しました。

 

 

 

あれから数ヶ月、周りの方の理解もありこの状態を見守り続けてくれたし、

 

 

私がトレーナーとして戻ってくることを願ってくれていました。

 

 

 

最近、自分にはできることがある!と気付き、

 

トレーナーとして再開しようと決心したのですが・・・

 

 

 

恐怖心が出てきて・・・

 

それに対して分析をしていたら・・・

 

 

まさかの底なし沼にハマってしまいました…(;´@へ@`)

 

 

もう本当に、真っ暗で底の見えない穴に落ちていく感じで

 

どんな考えをしようと全て悪循環。

 

 

全てが自己否定の材料となってしまいました~。。。

 

 

 

 

こんな時ってエネルギーを変えるなんて1mmも頭に浮かんでこない!

 

 

 

ということで、唯一今の思考から抜け出す方法は1つ!!!!!

 

 

 

 

 

寝ました~★

 

 

もう思考を止めるにはこれしかないですよね笑

 

 

 

でも寝る前に!

 

 

今湧き上がってくるものをすべて質問に変えて

自分自身に問いかけました!

 

 

それで自分の中にあるものをすべて出し切った感覚で気が付くと朝・・・

 

 

 

「昨日めっちゃ悩んでたなぁ~」っと思い出してたら、

 

 

 

クリッカー・・・

 

ってワードが出てきました。

 

 

 

クリッカーとはイルカやアシカのトレーニングに使われている道具で、

 

ドッグトレーニングにも用いります!

 

 

小さな箱に薄い鉄板が入っていて、鉄板を押すと「カチッ」という音が鳴り、

 

 

動物に対して今の行動が正解!っと教えることができるとても良いトレーニング♪

 

 

 

クリッカートレーニングを徹底的に勉強すると

 

犬やイルカ、アシカだけではなく、

 

エビや豚、ニワトリ、ネズミなど色んな動物に芸などを教えることができます!

 

 

 

これって犬だけではなく、動物達の学習方法を知ることができるし

 

 

動物たちを観察し、たくさん学ぶことができる!

 

 

 

それに!!!!

 

 

私の姉がクリッカーを考えたトレーナーが働いていた

 

水族館でインターンをしていたことを思い出しました!

 

 

 

 

海外のトレーナーなので、詳しいことは姉から聞ける!と気が付き、

 

一気に視界が晴れました!!

 

 

 

動物の幸せはこれから見つけていけばいい

 

 

 

それにクリッカーのベースになる知識は持っているし、

 

今の私にできることはまだまだたくさんあります!

 

 

 

もちろん、クリッカーをもっと勉強したからって

それですべてが分かり、解決するわけじゃない!

 

 

 

でもこの方向性が見えたことで、また私の中でエネルギーが湧いてきました(((o(*゚∀゚*)o)))

 

 

 

幸せを見つけるために諦めず、前に進みます!!!

 

 

 

 

今日も自分の心に正直に・・・☆。:+*




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です