肥満細胞腫の現在

ぷぅちゃんが肥満細胞腫と診断されて7ヶ月。

 

そして今月、転移し炎症がおきました。。。

 

 

 

 

痛みがひどく、抱っこもできない。

 

 

 

急遽、プレドニゾロン(ステロイド)を投与し、

炎症の腫れをひかせる治療へと変わりました。

 

 

 

この時点で余命が週単位。。。

 

 

 

頭が真っ白というか、私の周りの時が一瞬止まりました。。

 

 

 

とにかく今できることは、落ち込むことではなく、

心の状態を整えること。

 

 

 

そして、痛みで固まった筋肉を少しでも緩めてあげること。

 

 

 

 

腫瘍がある反対側の身体と首周りを撫でながら、

筋肉を揉み解し、いつも通り、話しかけました!!

 

 

 

 

転移した腫瘍が炎症してから6日後、

少しずつ、ぷぅちゃん自ら動く回数が増え、

腫れも引いてきました。。。

 

 

 

一安心(p´Д`;)(;´Д`q)

 

 

 

獣医さんもここまで落ち着くとは思わなかったと

言われていて、ぷぅちゃんは本当に強い子だなぁと思いました。

 

 

 

そして、セカンドオピニオンとして、

 

須崎動物病院の医院長、須崎先生の電話相談を申し込みました!!
(電話相談に至るまでには偶然、本を見つけたのがきっかけでした。)

 

 

 

先生とお話しした結果、

 

 

ぷぅちゃんの免疫もデトックスも正常に機能しているが、

それを上回る病原菌が身体のなかにあふれている

 

 

 

ということ。

 

 

 

免疫を高めれば癌細胞と戦えると思っていたのですが、

それよりも、デトックス!

 

 

身体を綺麗に保ってあげることが大事だそうです!

 

 

 

けど、今回のぷぅちゃんは病原菌を死滅させることが重要!!!!

 

 

 

 

「腫れがひいて、気を抜いてしまうタイミングかもしれないけど、

今がチャンスだからしっかり気を引き締めて」

 

 

とアドバイスをもらいました!!

 

 

 

その後、いつもの獣医さんに相談し、

協力してもらえることに(・∀・。) 

感謝です!!

 

 

 

私たち家族は諦めていません★

 

 

 

もし今、愛犬の癌で悩んでいる飼い主さんがいたら、

こちらの本をおすすめします。

 ↓ ↓ ↓ ↓

「がんが逃げていく食事と生活」

 

 

 

余命を聞き、残りの時間穏やかに過ごしてほしい・・・

と思っていました。

 

 

 

私にできることは少ない。

 

 

ぷぅちゃんが穏やかに過ごしてもらえるように、

お世話のこととか知りたいと思い、偶然この本に出合いましたが、

読み終えたあとは、とっても前向きになりました!!

 

 

 

 

私にもまだまだできることがある!

 

 

 

癌や肥満細胞腫に対する今までの考えを払拭してくれました(o´∀`o)

 

 

 

薬や獣医さんだけではなく、

 

私たちも何とかしようと思う気持ちがとても大切★

 

 

 

そのきっかけになるのであれば、なんでもいいと思います!!

 

 

 

私にとってのきっかけは1冊の本でした(・∀・。)

 

 

 

 

なんでもっと早く行動できなかったのか・・・

 

と自分を責めましたが、

 

出会う時期が今だったんだと思います。

 

 

 

 

 

今はこうして、ゆっくり寝ています☆

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

セカンドオピニオンを聞いてサプリの内容を変えました!

 

免疫系は中止。

 

 

デトックスをメインにするため、

 

今は酵素とビフィズス菌のみです!

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

 

 

しっかりと気を引き締めて、ぷぅちゃんをサポートします!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です